親世帯と同居することになったのでいままでより

ジャンピエール   2017-01-07   親世帯と同居することになったのでいままでより はコメントを受け付けていません。
中古車の売却時におさえたいことは、パソコンを使っ
親世帯と同居することになったのでいままでより大きな車に買い替えたときのことです。いつもお世話になっているディーラーに下取りに出しましたが買い換え自体初めてだったので、「勉強させていただきます」の言葉を鵜呑みにしてその価格で交渉なしで決めました。


帰りにファミレスで明細書を見たとき、下取りが安すぎるので悶々としてしまいました。せめて半月前に買取業者の査定を利用していたら良かったのではないかと実は今でも、つい考えてしまいます。車買取を頼む際に、ディーラーに下取りをお願いするのと買取業者に売却するのは、どちらがよいのでしょうか。近頃は、一括査定などを活用して、買取業者に売りに出す人が増加中です。
でも、いつも買取、査定業者に売る方にメリットがあるとは限りません。
例えば、決算期やお正月の下取りキャンペーンの際などはディーラーの方が得することもあります。私の車は事故歴があります。修理屋さんでフレームを直してもらったため、厳密に言えば修理歴ありということになります。しかし、事故の痕跡が外からは目立たないのも確かです。

車の買取をしてくれる業者に事故と修理の話はした方がいいのでしょうか。
それで後から減額を要求されても気分が悪いでしょうし、しまいには訴えられる危険さえあります。様々なリスクが絡んでくると思うと、事故や修理の経歴は正直に言っておくのがいいと思いました。中古車の下取り時に必要な書類は、車検証となります。もしこれがないと、下取りには出すことができません。


ついでに言うと、フェリーに乗る場合にも必要となります。

車検証は、とにかく大切な書類なのです。



なので大事に保管しておく必要があります。

そして、整備記録などがあるならば、下取り価格の上がる可能性もあります。
一般車は車査定で売って、高級車はネットオークションに出品するというのが適しているかもしれません。
ところが、ネットオークションだと個人売買なので、何かしら問題が生じる可能性もあります。
リスクのある売り方を避けたいのであれば、車査定での売却を選んだ方が適しているでしょう。


走行距離が長いと、車査定では安くされることになります。

特に10万キロ超えの車だと高く売れるはずの高級車でも値段がつかないと言われることを予想するのが妥当です。同じ走行距離で、乗った期間が長いものと短いものを比べると、短い方が不利な評価を受けます。
短い間に酷使された証明として評価されるのが普通だからです。長年乗ってきた車をそろそろ買い替えよう、といった際には、実際、下取りはディーラーに任せるよりも、買取業者を利用した方が、金額的にはだいぶ得をすることが多いということが、近頃では特に、よく知られるようになってきました。

一昔前なら、買取業者を利用するには、直接出向くのが普通でしたが、今は違います。お店に行かなくても、自宅のパソコン、あるいはスマホなどを使うことで査定額の目安を知ることができて便利です。それができるのが、車査定サイトと呼ばれるものです。誰でも簡単に利用できるようになっていて、メーカーや車種、年式、事故歴などを書き込むだけで、数十秒から数分後には判明します。「低年式車でも買い取ってもらえた」と言う人がいます。彼の車は海外で人気のスポーツカーなのでナルホドなあと思いました。
人気のある車種の限定車などであれば、手を加えていないとか状態の良さで買い取ってくれる場合があります。
ただ、一括査定サイトで0円になってしまうような車は、かなり渋い価格でしか買い取って貰えないと思います。



もし買取価格に納得できないときは、個人売買という手もあります。中古車業界とは別の視点で価値をつけるので、相応の値段でも買い手が出てくるかもしれませんので個人売買の手続きについて紹介しているブログもけっこうあるようですし、参考がてら一度覗いてみると良いでしょう。